俺イケ!!!

俺よりイケてないエンジニアはいない

desktop entryで自作アプリの登録方法

desktop entry

最近、作業環境をApricityOSに変えました。 gnomeベースなのとおしゃれな見た目なのが気に入っているのですが、1つ困ってることがありました。

業務で社内用Gyazoが用意されているので、それを使っているのですが、自作クライアントをdockから起動させたい、ただそれだけなんですがそのあたりがよくわかってなかったので調べてみました。

Dash to dock


ApricityOSはgnome extentionsのDash to dockを採用していました。

(Dash to dockのイメージ)

Settingなどを見たところ、Dash to dockはあくまでもdockなのでアプリの管理を行っているわけではないようです。

ヒントがなくて悩む


どっかにアプリを定義してるところありそうなのになかなか見つけられんなーと思いながらあれこれしているとApricityOSにiceというアプリが入っているのに気づく。 “Apricity OS lets you put your favorite web apps on the desktop with ICE, a simple SSB (Site Specific Browser) manager. “と書いてあったので試してみたらサイトをシングルアプリとして起動できるようによしなにしてくれるツールであった。 このツールを使うとサイトがアプリとして起動できるようにdockに追加されていて「おっ!もしや??」となった。

desktop entry


先ほどのiceで登録したアプリがどっかにファイルとして生成されてるのは明白だったので探ってみると.desktopというファイルが置かれており、ここでようやくdesktop entryを知ることができた(長かった)。 desktop entryはリンク先にほぼほぼ書いてあるのですが、

freedesktop.orgの仕様があり、
・ フォーマットに沿ったファイルを
・ /usr/share/applications とか ~/.local/share/applications に設置する

ことでアプリケーションのデスクトップエントリとしてショートカットを配置できるようです。

今回は以下のようなファイルを~/.local/share/applicationsに配置しました。

配置するとこんな感じ(Gyazoアイコンがそれです)

gnome系を使っていたこともあったのにdesktop entryについて知らなかったのでいい勉強になりました。

11 Jul 2016 #blog