俺イケ!!!

俺よりイケてないエンジニアはいない

GCPUG Shonan vol.3に参加してきた

GCPUG GAE

GCPUG Shonanも4回目の開催。今回もGAEの話題が中心でした。
GCPUG Shonan vol.3

<いつものお礼>
スタッフの皆様ならびにご協力いただきました(恒例になりつつある)茅ヶ崎login様、ありがとうございました!

先日開催されたappengine ja nigntに登壇された方々をお招きしてのGAE事例あれこれ紹介といった内容でした。
GCPUG Shonanには欠かさず参加してますが、毎回新しい発見があるので参加のし甲斐もあっていいですね。
今回は各セッションの感想というよりかはGAEで「これはいい・気になった」点をさらっとまとめたいと思います。


GAEのアクセス制限

app.yamlにlogin Elementを設定しておくとアクセス制限ができる。
参考URL

- url: /admin/.*
  script: admin.app
  login: admin

みたいにしておくと、GCP ConsoleのIAMでAdmin権限を付与したユーザのみがアクセスできるページが作れるというもの。
Google認証だからできる便利機能という感じなのでアプリの設計をする際にもかなり重宝しそう。
あとはGAEにGoogleAppsドメイン認証も設定できるので、社内用アプリなどを作成・運用するにはかなり便利なのでこちらも合わせて活用してみたい。

GAEからのメール送信制限

社内でGAEを使ったツールを作成するに当たって、要件としてメールの送信があったのでメール送信数の制限については参考になった。
AppEngine quota
このドキュメントにも書かれてますが、要件が合わない場合は素直にSendGridでメールを送信したほうがよさそうです。

GAE flexible environment

私の知っているGAEはいわいるGAE Standard environmentと呼ばれるものでした。
GAE flexible environment、以前はManaged VMと呼ばれていたようです。よくわかってなかったので調べてみようと思います。
AppEngine type

GAEのカスタムドメイン設定

GAEでカスタムドメイン設定を行うと、設定したアカウントからは設定が見えるが他ユーザからはGCP Consoleを見てもカスタムドメインの設定がされていないように見えるとのこと。
ウェブマスターツール関連かも?という話もあったので、これも検証してみたい。


また、懇親会もいつものように盛り上がったので、その様子も。

懇親会

GCPUG Shonanスタッフの@tora470さんの差し入れのさくらんぼでキャッキャする感じでした。
懇親会は毎度のことながらざっくばらんな会話で参考になる話も多いので、少人数ならではのよさがあるなと毎度思っております。
特に今回はAWSについて(質問も振られましたが)話したり、GCPと対比させながら「じゃあどうすればGCP使うユーザが増えるのか?」というのをユーザ視点で考えてみたりといい機会にもなりました。
サービスを利用するユーザが増えるかどうかというのは1ユーザとしてはあまり気にしないかなと思った反面、AWSを取り巻く環境を見ていると、やっぱりユーザが盛り上がっているものは発展していくものなので、GCPの機能追加や改善を切望するのであれば、何かしら行動していかないとなとは思いました。

あと、今回はappengine ja nightで登壇された方々にも参加いただいたのでいつも以上にわいわいできてよかったと思います。
地域密着イベントではありますが、参加人数にも限界があるので遠方から足を運んでいただける方には感謝しかないですね!

19 Jun 2016 #blog